■2019/03/16【日記】#05.我が舟は櫂を漕ぐのをやめ、、、

時系列に沿って、本編を書いていくつもりだったけど、リアルタイムのその時々の気持ちを書き残しておきたいなと思い、話を飛ばして、今日あったことを書いていきたい。

会社を辞めると決心してから、計画を始動させるまでの話は追々思い出しながら書いていきたいと思います。

ーーーーー

話は飛んで、今日は引っ越しの日である。

我が舟は櫂を漕ぐのをやめ、、、そんな言葉がノイズ混じりのラジオから聞こえてきた。どうやら漢詩の一節らしいのだが、車が山のくねくね道に突入してノイズが大きくなったのでそれ以上は聞き取れなかった。なんという詩なのかも、誰が読んだものなのかも、続きもわからないけれど、なんとなく僕の心にささる。

退職の手続きと会社に支給されていた道具類の返却を終えた僕は、その日のうちに森へ向かった。

本当は午前中に出発して夕方には到着するつもりだったのだけれど、トラ箱を降ろしたり、荷物を積み込んだりするのに手間取って、沼津を出たのは午後3時半過ぎだった。初春の陽はもうすでに傾き始めていた。

朝から何も食べていなかったので、途中でカレーを食べたり、撮影用にSDカードを買い足したりしたり、水を買ったりなんかしていたら、ずいぶんと到着が遅くなってしまった。

森の近くにたどり着いたのは、午後9時半頃だった。あたりは真っ暗で、森に入るのはためらわれたので、近くの道の駅で車中泊することにした。

駐車場には車中泊をしていると思われる車が何台も停まっている。みなひっそりと寝息をたてているのだろう、、、。

外は寒く、気温は現在1度。明け方はマイナス2度まで下がるらしい。

荷台から布団と寝袋を引っ張り出して、それに包まりながらこの文章を書いています。心配したけど、布団に包まっていれば車内は全然あったかい。

とはいえ、軽トラでの車中泊は結構体にきついもので、座席が倒せないためにほとんど直角の姿勢正しさのまま朝を迎えなければならない。そう思うと、沼津においてきた「放問亭」が恋しくなってくる。アイツがあれば、僕はどこでだって眠れるのに、、、。

明日の朝、僕は森に向かいます。
1日中、僕はアクセルを踏んできたけど、今日はここで踏むのをやめようと思います。

我が車はアクセルを踏むのをやめ、、、なんて風に心の中で呟いてみるけど、続きはわからない。ラジオで聞いた漢詩と同じように。

20190316道の駅にて
junota

■2019/03/14【日記】♯04.「トラ箱」という安全地帯

◆トラ箱とは・・・・

トラ箱」、それは一般的には「酔いつぶれたおっさんを放り込んでおく箱のことであるけれど、僕はちょっとだけ違った意味で使っている。

僕の言う「トラ箱」、それは「トラックに乗っかった」のことである。

会社をやめて、僕は森に住むことにしたのだけれど、その前に僕がこれまでどんなことをしてきたのか、ということを今回の記事では自己紹介がてら書いていこうかなと思います。

 

◆貧乏人にも持てる土地

ロビンソンクルーソーに僕は、社会人になって毎月少しばかりのお金を手にするようになったのをいいことに

「僕もロビンソン・クルーソーが作ったような別荘が欲しい!」

なんていう、手取り15万ほどの新入社員には少しばかり大きすぎる夢を描いたりした。

けれど、不動産屋に電話して土地を手に入れることのハードルの高さを僕はすぐに知ることになる。土地が余っているとは言っても、新卒一年目でそうほいほい買えるようなものではないらしい。。。

 

周りを見渡せば、空いていて、誰も何にも使っていない土地がいくらでもあるのに、どうして僕らの手の届かない存在なんだろう。ロビンソン・クルーソーはあんなに広い土地をタダで手に入れたのに。大地なんて人間が生まれるずっと前からあったはずなのに・・・。

そんな僕が見つけ出したのが、

「トラックの荷台」

だった。

軽トラックの荷台、1.5畳ほどの平面を「土地」に見立て、そこに僕なりの別荘を作る。

「トラ箱」というのは、そんなようなもののことである。

これが僕のトラ箱「放問亭」世の中に対して問を放ちながら移動するもの、という意味です。ちなみにこれが初号機で2号機3号機と作っていきたいと考えています。

◆安全地帯としてのトラ箱

 

トラ箱のいいところは、

日本中のどこでも、車一台を停められるスペースさえあれば、そこが

「自分の場所」になってしまうところだ。

東京のど真ん中だって、ド田舎の山奥だって、海岸線の駐車場だって、道の駅だって

トラックの荷台1.5畳のスペースは僕の土地みたいなものになってしまう。

もちろん所有権はないわけだけれど。

そんなものは持っていると税金もかかるし、土地に縛られて身動きがとりづらくなるので、なくても全然かまわない。

合法的に車を停めて、他人に迷惑をかけなければ「出てけ」と言われることもほとんどない。仮に出てけと言われてもほかのいい場所を探せばいいのだから気楽だ。これで僕は日本のどこにでも「自分だけの安全地帯」を持つことができた。

 

どこでも生きていける、という安心感があるのとないのとでは、人生の選択の幅が全然違うように思う。

日本中に自分だけの安全地帯があると思えれば、よりリスクが高くて困難な道を選択する勇気が生まれてきます。

 

山中湖の湖畔にて

テントを張ればどこでだって寝られる。

◆「はじまり」の終わり

話のマクラが長くなってしまったけれど、

ここまでで、「脱サラしてもりに住んでみた」の序章が終わりになります。

次回からいよいよ本編に突入していこうと思います。

 

この春、二年間働いた会社をやめて、僕は長野県のとある森に住むことにしました。

 

自分の生き方、生活の在り方、自分が本当に作りたいものは何か、、、

そんなこと見つめ直す暮らしをしていきたい。と考えています。

 

その暮らしの出来事や発見、考えたこと、作ったもの、やなんかを

このブログでは紹介していく予定です。

感想やアドバイス等ありましたら、どしどしよろしくお願いします。

それからそれから、youtubeも始める予定ですのでそちらの方もよろしくお願いします。

次回、「おいしいメロンパン」 本編のはじまりはじまり~。

 

 

20190314「データの保存はこまめにね」という教訓を胸にjunota

次へ

■2018/10/21【works】絵をかいてます

【過去のコンテンツの再掲になります】

この間行った山中湖の風景を油絵で描いてます。バルビゾン風にしたいけどなかなか難しい・・・・。

制作過程を記録しておこうと思い、ビデオカメラをセットして描き始めましたが、途中で電池がなくなって取れなくなった模様です、、、。

しかも割とはじめの方で笑

その後カメラ落として画面割れるし、さんざんな小旅行(?)でした笑

修理に出したけど、保証きくだろうか、、、。

■2018/10/21【トラ△キャン】古民家 岸邸(厚木市)に行ってきました。

【この記事は過去のコンテンツの再掲になります】

 

ごめんなさい、、、今回は「キャンプ」ではありません。

これも会社員時代の文章です。

 

2週間の厚木出張ということで、現在厚木に住んでおります。

引っ越し等々でバタバタしておりましたが、知らない街に住むというのはなんだかわくわくして探検に出てみたくなります。

と、いうことで、こっちに来てから初めての休日に近所の「岸邸」という古民家までお出かけしてみました。

門構えはこんな感じ、、、立派なこと笑

中に入ると10分くらいのビデオを見せてくれます。

こんな感じですね。

ここで気になるのはテレビの下の貼り紙

・・・

拡大画像がこちら

サル笑

(ちょっと見てみたい笑)

岸邸は明治24(1891)に建築されたようです。

ということは築120年以上ということですね。

中はこんな感じですが、手入れが行き届いてて、めちゃくちゃきれいです。

こんなステンドグラスがあったり

(これは珍しい気がするけど、好みは分かれる気がしますね笑)

こんなにでっかい1枚板の戸とか、、、もうすごいよね笑

欄間も迫力があります。

これは銀箔がはられた襖!

というように、色々と見どころのある建築だなぁとおもいます。

日本住宅が洋風を受容していくプロセスを知るためにはポイントになる建築のような気がしますね。

博覧図もありました。

静かでお庭もきれいでした。

■2018/05/15【トラ△キャン】♯2.やまぼうしオートキャンプ場

天気も良かったので、キャンプ場へいって荷台にテントをはって、

そこで日がな一日お昼寝でも、なんて思ってお出かけしてきました。

だんだん暖かくなってきましたので、屋外での昼寝が最高ですね。

どうもどうも。

再び結構前に書いていた記事をアップしときます。せっかくなので…

 

今回むかったのはこちら、やまぼうしオートキャンプ場

富士山を一望できる芝生キャンプ場ですね。

時期が時期だったので、道中コンビ二に寄ってお昼ごはんのついでに

花粉症対策のマスクを購入。

富士山に向かって車を走らせます。

左手に見えますのが富士山。
右手に見えますのが杉林です。

到着です。

それでは早速テントをはります。
風が強かったー。

なんとか完成です。

富士山をバックに軽トラテントです。

この素晴らしい景色を横目に
ラジオ聞きながら本読んで、昼寝して、、、と、のーんびり過ごしました。

花粉症も意外と大丈夫でした笑

ではでは

2018/05/15

junota

■2017/12/03【トラ△キャン】♯1_門池公園

さて、、、

突然ですが、僕は今までにいくつかのホームページを作ってきました。

そこでもいくつかの文章を公開していたのですが、

 

最近はこの「だつもり」に力を注いでいたので、そちらの方は殆ど更新もせず、放置状態でありました。

ドメインを維持するのに毎年払うのももったいない…ということで、

コンテンツをお引越しをして、このサイトに統合しようと思います。

 

 

さてさて、

軽トラックが納車されてから、初めての休日です。

天気も良いので、お出かけしちゃいます。

 

とはいえどこへいったものか、、、

伊豆?箱根?熱海?

どこもいいですが、ちょっと遠いな・・・

まだMTの運転慣れてないし・・・・。

 

ということで、自宅からちょうどいい感じの距離にある、

門池公園」に

これで「かどいけ」と読むようです。

もんいけ? とか もんち?

とかくれぐれも読まないように!(僕は読みましたが・・・)

 

初めてのお出かけしてきました。

 

 

 

 

まずは腹ごしらえ。

門池公園へ向かう途中、急に空腹感を感じた僕は、

なにかおなかに入れとこう、ということで

初ドライブスルーにチャレンジしました。

 

ドライブスルーといえばやっぱり、Mのマークのあそこ。

 

外で食べるご飯て、なんか美味しいですよね。

門池公園へ

それでは出発です。

まずは門池公園へ向かいます。

どこか場所を探して久しぶりにスケッチをしてみようかな・・・気が向けば。

ということで、

昔つかってたスケッチの道具を持っていきます。。

 

つきました。

なんか、でっかい池を囲んで遊歩道みたいなのが続いてる公園って感じですかね?

(池の写真とってません!)

芝生のエリアがあったり、遊具も充実してるみたいです。

 

池の周りには釣りをしているおっちゃん達がいました。

ワイワイ話ながらで、楽しそうでしたが、

全く釣れている気配はなさそう(?)でした。

まぁ、楽しそうなので良いのでしょう。

 

ちょっとぶらぶらして、スケッチのポイントを探します。

うーん、なんか決め手がない予感・・・・

 

もうここでいっか、

ということで、ここに決めました。

何分くらい描いてたんですかね・・・

10分とか20分くらい?

晴れてはいますが、寒いので、ここらで切り上げて完成です!

いやー

久しぶりなので、全然だめですね笑

次は油絵を描きたいかな・・・・

 

 

さらば門池公園。

2017/12/03

junota