CONCEPT

Pocket

森に暮らすことは、中学生2年生の頃からの僕の夢でした。きっかけはロビンソン・クルーソーの本を読んだことにあります。

自分の生活を自分自身の手で作り上げる彼のようになりたいとずっと思い続けてきました。

大学では建築を学び、設計の職に就くことも考えましたが、卒業後はやっばり自分は実際にてを動かしてものを作ることを仕事にしたいと思い、大工として働いてきました。

まだまだ修行中の身ではありますが、このところ、自分が関わった住宅が完成するのを見るにつけ、「自分が本当に作りたいのはコレなんだろうか」という思いが募るようになってきました

僕は森でのロビンソン・クルーソーのような暮らしにチャレンジしながら、自分の本当に作りたいものとは何か・自分が理想とする暮らし方とは何かについて見つめ直したいと考えています。