■2019/06/02【works・日記】3pins stool~木をめぐる冒険~

 

さて、森での生活にだんだんと慣れてきた頃の話をしたいと思う。
僕は森で自由な製作の場所を手に入れたなら、その時にはぜひ作ってみたいなと思っていたものがある。
それはスツール。

つまり、座面と足だけの簡易的な椅子、イメージとしては理科室とか、図工室だとかにあるあれだ。
どうしてそういうのを作りたいのかというと、理由はよくわからないけれど、要するに「手ごろ」だと感じたからだと思う。

本当は椅子をつくりたいけど、肘かけとか背もたれとか、いろんな角度で部材が組み合わさってむつかしそう・・・なんていう多少消極的な理由だったかもしれない。

スツールを作ろうと思い立ったら、まずは材料の調達だ。
座面には、前の会社で働いてた時に何かの機会でもらった「タモの集成材」を使おう。
足はどうしようか。

手持ちの材はスプーンとかキーホルダーといった小物を作るのにはちょうどいいけど、人間の体を支えるには心もとないような材料ばっかりだ。
どこかで調達しなくてはならない。。。ここから僕の「木をめぐる冒険」が始まることになる。

そこでまず向かったのが近所の材木屋。
昔っからやってる地域の老舗。

行ってみると建材用のスギ・ヒノキが中心であんまし家具になりそうなものは扱っていない様子。
なにか「こんな感じの」みたいなのが具体的に決まってるなら取り寄せてもらえるとのことだった。

次に行ったのが車で一時間ほど走った場所にある材木屋。
こちらは家具に使えるような広葉樹をいろいろ扱ってるところで、お店の感じも一般人にも入りやすい雰囲気、、、
なのだけれど、如何せん価格が・・・ね。

ウォールナットの一枚板10万とかはとてもじゃないけど手が出ない。
店内をプラプラしながら、いろいろ探すけど、手ごろなのがない。
もう少し自信がついたらこういう材でやってみたいものだと思う。

さて、ここまで訪れたお店でいろいろ質問した結果、なんとなーく木材に関することが分かってきたような気がする。
一言でいえば、「けっこう高い」ということだ。

売れる当てもない、というか、そもそも完成させられるかわからないもののための材料に何万円も費やす経済的な余裕は僕にはない。
さて、どうしたものか・・・。

ということで色々と考えをめぐらす。
前に岐阜で、伐木体験のイベントに参加した時のことを思い出す。
たしか、そのときに聞いた木の値段はそんなに驚くほど高くはなかった。
というか、林業という仕事がよく成り立ってるなーと思うくらいに「安すぎない?」というような価格だったように思う。
まぁ、具体的にいくらだったかは思い出せないけれど。

もしかしたら製材されていない、原木の状態の木なら相当に安いのかもしれない・・・
ということで、再び森のほうへ戻り、「丸太の集積所」(正式になんて呼ぶのかわかんない笑)みたいなところに行ってみた。
山奥にあるその場所に軽トラックを走らせる。
細い山道をくねくねと登るとそれはあった。
広い敷地にどうやってここまでの細道を登ってきたのか?と不思議に思うような大型のトラックが何台も停まっている。
なんか場違い感がすごい・・・と緊張しながら、事務所の前に車を停めて室内にいた小太りの眼鏡をかけたオジサンに声を掛ける。

「どうも、こんにちはー。」
「・・・・・」
小太りオジサンははいぶかしそうに僕をみつめこう言う。
「どうされました?」
「あのちょっと聞きたいんですけど、ここって、一般人でも丸太を買えるんですか?」と僕が聞くと
「・・・・・えと、買えなくはない・・・・んでしたっけ?」と隣の席の人に目配せをして確認を取りつつ答えてくれた。
その答え方には「そんな奴いないけどね」という感じがにじみ出ている。

「一本から?」
「ええ、一本から」

「なるほど、、、ちょっと見せてもらっていいですか?」と許可をとって場内を見て回る。
小雨が降ってきていた。

材はカラマツばかりだった。
この辺は上質なカラマツの産地とは聞いていたけど、同時に、カラマツは「暴れる」材だという話も聞いていた。
反ったり、捩じれたりが大変らしい。

それに、そこに積み重ねられていたのは4mの丸太が主だった。短いので3メートル。
軽トラで運ぶのは難しそうだった。

ぐるっと一周して、事務所に声をかけて集積場を後にする。
・・・ここでもないか。

「もっと手ごろな感じのでいいんだよなぁ」と思いつつ山道を下る。
40センチくらいに玉切りされてて、程よく乾燥してて、、、
と思うと、それって「薪の材料じゃん!」ということで近所の薪屋さんへ行ってみる。

店先で何もしてないでぼーっとしてたオジサン(失礼)に声をかける。
「あの、薪の原木が欲しいんですけど、」と声をかけると、
桜の木でいいなら、この間切ったのがあるから、好きに持って行っていいよ、と言って、桜の木までの道順を教えてくれた。
のだけれど、いまいちわからない。
僕は道を覚えるのが苦手だから。
たぶん近しいところまで来ているはずなのだけれど、いまいちどこなのかわからない。
というか、たぶんこれなんだろうな、という桜の丸太のところまで来たのだけれど、道を挟んで反対側にも切られた桜の木があって、
明らかに民家の庭先、という雰囲気の場所だったので、なんとなく勝手に足を踏み入れていいものか、ましてや勝手に持って行っていいものか、と思案して、
やっぱやめとくか。。。てな感じにスルーして森に帰ってしまった。
帰り掛け、ホームセンターへ行って、広葉樹の薪、一束700円を買って帰る。
本当は原木の状態を手に入れて、自分で製材したいなとおもってたけど、まあ、割れててもいいや、ということでこれを材料に作ることにした。
樹種はよくわからないけど、ナラなんじゃないかと思う。

一束700円っていうと、重さでいえば、製材された材と比べたらほとんどただみたいな値段と言ってもいい。
もちろん、製材されたものは節もよけてあるし、きれいなんだけど、如何せん高すぎる。
薪の材を使えば、1/10とか1/20のお金で手に入るとなれば、これを使わない手はないじゃないか、という気がした。
ジモティーで調べるとナラとか栗とかの原木が軽トラック一台分で5000円とか8000円とかで売ってる。
しばらくしたら、チェーンソーを買って自分で製材するようにしようかと思う。

ということで材料が手に入った。
ナタで割るようにして、ちょうどいい足としてちょうどいい太さに材を加工する。
タモの集成材に突き刺して完成したのが、この「3pins stool」です。

まだまだ改善の余地は多々あるけど、
なんとなくキノコみたいな曲線が気に入っている。
自分で使うなら十分な代物だなと思う。
売るにはまだまだ。って感じ。

薪の材料を使って家具をつくる。
それはそんなにいい材料ってわけじゃないけど、なんとなく生活に密着したものが出来上がるような気がしてる。
生活の中で使われる物、気兼ねなく使って、使い倒されるような物を僕は作りたいと思っているから、
もしかしたら、薪用の原木というのは僕の主な素材になるかもしれない。
焼かれて灰になるはずだったものが家具としての役割を担う。
原石を掘り出すような感じで、ちょっと素敵なものづくりなんじゃないかという気がする。

薄汚れた埃っぽい薪も割ってみると中身が驚くほどきれいな肌をしていた。

 

 

 

 

 

 

2019/06/02
junota

■2019/05/30【works】#01.『放問亭(ほっといてい)』

社会人になって初めてまともにもらえたボーナスを頭金にして、僕は車を買った。

 

「車」といってもみんなが欲しがるようなオシャレなのじゃない、買ったのは「軽トラ」だ。

12年落ちだけど1万2000キロしか走ってないダイハツのハイゼット

 

僕はもともと車というものにそんなに興味があったわけではない。

 

車の免許を取ったのも就職をする直前だったし、もしも車に乗る必要のない仕事だったなら取らなかったかもしれない。

けれども僕は車を買った。

それはなぜか。

「車」というのは最も手軽に所有することのできる自分の場所だからだ。

社会人になって一年目の冬、僕が本当に欲しかったのは「自分の土地」だった。

けれど、手取りで15万に満たないの社会人1年目の給料ではとてもじゃないけれど、まともな土地を手に入れるのはむつかしいものだ。

そこで僕が目を付けたのが「軽トラックの荷台」だ。

目を付けた、といってもの軽トラックの荷台を土地に見立てるという発想は僕のオリジナルではない。

僕が初めてその発想に触れたのは坂口恭平というアーティストを通してだったけれど、おそらく彼もまた、彼以前の何者かの発想をもとにアイディアを構築していったのだろうと思う。

「移動する住居」というところまで純化してとらえるならば、商人たちのキャラバンか、あるいは狩猟採集民の住居までさかのぼることができ、その歴史は何千年にもなるだろう。その歴史に僕は非常に興味があるのだけれど、収拾がつかなくなるだろうからここでは触れないでおこうと思う。いつかきっとちゃんとした文章としてまとめたいと思う。

とにかく僕は車を買ったのだ。

 

車を買ったといういい方は正しくないかもしれない。

軽トラックを買った、といういい方でも不十分だ。

僕の感覚では「軽トラックの荷台部分を買ったら、おまけとして運転席とタイヤとその他諸々がついてきた」そんな感じだ。

小さいけれど、それは正真正銘自分の所有する場所だった。

軽トラを景色のいいところに停めて昼寝をしたり、テントを張って一夜を過ごしてみたり、、、、

車一台を停めるスペースがあれば、どこだって自分の場所として成立してしまう。

 

原っぱとか、湖畔とか、人気のないような場所であったり、

 

キャンプ場のような荷台にテントを張るという行為がそれほど恥ずかしくない場所ならいいけど、

僕はだんだんとそういう場所以外の場所でも寝てみたくなった。

それは町中のパーキングであったり、道の駅であったりという場所だ。

そういう場所で荷台にテントを張ったりなんかしたら、たぶんマナー違反ってことになってしまうので、小心者の僕はあんまりそういうことはしたくない。

そこで考えたのが「トラ箱」というものだ。

これもまた、僕の発想というわけでもない。

これのいいところは、常に乗っかっているので逆に人目を惹かないという点だ。

わざわざテントを張ったりなんかすると、おとなしーく、人に迷惑をかけないような最新の注意を払ったとしても「ここを何だと思ってるんだ。キャンプがしたいならキャンプ場にいけよ」と怒られちゃう。(やったことないので実際はどうなのかわかんないけど、たぶんそうなる)

けれどもトラ箱の場合はあんましそういう風に叱られるイメージができない。

この違いはたぶん、設営するというプロセスというか、その姿が煩わしいという点にあるんだろうと思う。

 

と、まぁ、トラックハウス「トラ箱」についての説明はこんなところだ。

 

最後に制作プロセスの画像をいくつか貼ってこの投稿を終わりにしようかなと思います。

はじめはテントを張って遊んでた
まずは床を作る
床にはスタイロフォーム(断熱材)を詰めました
仕上げの合板を貼ります
骨組みを立て始めます。
内壁を貼り始めた図
壁の中にもスタイロを入れます
外壁を貼り始めたの図
屋根を仮置きしている図
外壁を塗装してみた
全体の雰囲気はこんな感じ
ドアをつけてみた
サイドに窓をつけてみた
作業場は富士山の見える河原
完成後、山中湖畔にて
小田原の海岸駐車場にて
こんな感じで降ろします。
おろした図
これを作っていた時には、まだ、住宅の基礎とかマンションの型枠とかの仕事をすこーしだけかじっていたような頃。

 

木造の建物を作る大工仕事はまだ道の領域だったので、今思うと非常に稚拙な仕上がりでありますが、

頑張っている様子が写真から感じられます。

しばらくしたら2号機を作りたいな、なんていう風に思っています。

長い文章を最後まで読んでいただきありがとうございます。

2019/05/30

マクドナルドにて

junota

■2018/10/21【works】絵をかいてます



【過去のコンテンツの再掲になります】

この間行った山中湖の風景を油絵で描いてます。バルビゾン風にしたいけどなかなか難しい・・・・。




制作過程を記録しておこうと思い、ビデオカメラをセットして描き始めましたが、途中で電池がなくなって取れなくなった模様です、、、。

しかも割とはじめの方で笑

その後カメラ落として画面割れるし、さんざんな小旅行(?)でした笑

修理に出したけど、保証きくだろうか、、、。