002-サツマイモづくり

Pocket

【タネ】
今年から畑を借りて野菜やら何やらを育ててみてる。今のところじゃがいも、たまねぎホウレン草、里芋を植えた。もう少ししたら、ナス、トマト、大豆、小豆、あたりを植えるつもりだ。

そしてそのあと5月の末か6月になったら、メインイベントだ。
なんといっても僕が一番育てたい野菜、それは「サツマイモ」だ。

焼きいもやスイートポテトから始まり、芋タルト、大学芋、、、。
もういまからわくわくが止まらない。

まぁ、自分で食べる分がとれればそれで良いのだけれど、せっかく作るのだから、苗代くらいは稼ぎだしたい気もする。いや、欲を言えば耕したり、草刈りをしたり、という労力を掛けているわけだから、少しくらいはお金を生み出せたらいいな、何て言う風に思っている。

サツマイモを育てるのに、どのくらいのお金が掛かるだろう。ちょっと計算してみた。まず、畑の大きさ。今年僕が使える畑は大きく4つある。そのうちの1つを「サツマイモ畑」にするつもりだ。うまくいけば来年はもっと広い面積やりたいが、とりあえず、今年は家の裏の小さな畑(約5メートル×4メートル)をサツマイモ畑にしてみる。

計算するとその畑いっぱいにサツマイモの苗を植え付けると、全部で70本ほどの苗が植えられるらしい。売る当てが特にあるわけでもないし、自分達で食べるにも限界があるだろうから、どのくらい植えるべきなのかは考えものだ、、、。

調べると、1株から5本の芋が取れて、それぞれが200~300グラムというのが、サツマイモの成功なんだそう。うまくいった場合、350本ものサツマイモを抱えてしまう、、、それはさすがに多いかなと言う気がしたので、今年はためしに6品種を10本ずつで合計60株を植えてみることにしようかな。苗は品種にもよるけれど10本で500~800円程度。1品種10本を5品種分やってみることにしたい。とすると、苗代で1500-2400円程度見積もっておけば良さそうだ。あとは最初に蒔く肥料やらなんやらを含めて合計で5000円も見積もっておけばできそうだ。どのくらい採れるか?
これはやってみないとわからないし、技術にもよるだろうから予測は立てにくいけど一株から3本販売できそうなのが取れたらいいな。

【ナエ-1】
サツマイモを5品種つくって、食べ比べセットとして販売してみる。販売できそうなよいサツマイモができたと仮定して、6品種600円送料別やるなら、

〔掛かるお金〕
・苗代3品種(シルクスイート、安納芋、べにはるか)各10本1,320円
   3品種(金時、パープルスイートロード、ベニアズマ)各10本1,265円
・苦土石灰 10kg580円
・草木灰 2kg 1100円
・配送の箱 20枚 1800円
合計6065円だいたい6000円

〔入るお金〕
600円×10セット(60本)=6000円
600円×20セット(120本)=12000円
600円×30セット(180本)=18000円

〔収支〕
10セット販売出来たら±0くらい。
それ以上売れればプラスになる。
〔思うこと〕
選別や梱包をすると手間暇がふえるな。

【ナエ-2】
サツマイモ掘り会。人をよんでサツマイモ掘りをしよう。幼稚園生のときどっかでさつまいもほりしたっきりサツマイモ掘りなんてしていないから楽しそうだし、ちょっと人呼んで一緒に掘ってちょっと焼き芋して食べて何本か持って帰ってもらうっていうのはどうだろうか。

〔掛かるお金〕
・苗代3品種(シルクスイート、安納芋、べにはるか)各10本1,320円
   3品種(金時、パープルスイートロード、ベニアズマ)各10本1,265円
・苦土石灰 10kg580円
・草木灰 2kg 1100円
・配送の箱 20枚 1800円
合計6065円だいたい6000円
〔入ってくるお金〕
参加費1000円×10人=10000円
〔思うこと〕
来てもらえば体験込みだから1000円でも人は集まりそう。好きなの袋に詰めて帰ってもらえば選んだり梱包したりしなくていい分楽である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です