「雑貨 猫の皿」のはなし

Pocket

「猫の皿」というのは、古典落語の演目のひとつです。どんな話かと言いますと次のような感じです。

ーーー

あるときひとりの男が地方へと古道具の買いつけに行く

その帰り道、茶屋に立ち寄るとそこに一匹の猫がいた。

見るとその猫はごはんを食べている

更によく見るとその猫がご飯を食べるのに使っているのは「高麗の梅鉢」と呼ばれる非常に高価な皿だった!

江戸へ持って行って売れば捨て値でも300両する品物です。男はよし、と思って茶屋の店主に声を掛ける。

「その猫を譲ってくれないか?気に入ったんだ。ほら、3両あげるから」

3両というのは、結構な額ですから店主は承諾します。

そして男は続けます。

「そうだ、猫っていうのは皿が変わるとご飯を食べなくなるらしい。そこの汚い皿もついでにもらってくよ。」

男の魂胆としては、

300両する皿を猫にご飯を食べさせるために使ってるなんて、この店主はこの皿の価値を知らないに違いない。

よし、猫を買うふりをして、皿を安く買い叩いてやろう

ということなのですが、
それに対して店主はこう答える。

「申し訳ないが、それはできない。それは高麗の梅鉢といいまして、捨て値でも300両するんです・・・」

その言葉に男は驚きます。

「・・・このやろう、何で知ってて猫にご飯やるのに使ってるんだっ、、、!そういうものはもっと大事にするもんだろう!」

そして店主はこう答えます。

「えぇ、この皿で猫にご飯をあげていると、どういうわけか、ときどき猫が3両で売れるもんで・・・(にやり)」

ーーー

という話ですね。
色々省略してますが、大筋はこんな話です。

さて、ここでお店の名前を「猫の皿」という風にした理由に話を戻そうと思うのですが、

僕たちは生活のなかで「使われる」ものを作るということを重要視しています。

高価だからといって棚の奥にしまいこまれたり、装飾品として飾り立てられるよりも、生活の中で「使い倒される」存在であってほしいと願っています。

使われるということは、大切にしないということとは違うのだと思います。

なぜならこの茶屋の店主は皿を「使う」ということによってお金を得ていて、おそらく大切に大切に使っているに違いないからです。

ということで、僕らがお店の名前を「猫の皿」とした、由来、込めた思いを書いてみました。

決して、お客さんを騙してやろう、なんてつもりはありませんのでご安心ください笑

ではでは。
2020/01/03
junota

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です