2019/10/14[日記]ニートになったら三日坊主をやめられた話

Pocket

さて、今日は何について書こうかな。

このところスプーンを3本作ることを日課にしてるのだけど、自分でも意外なくらい続けられていて、多いときには4本、5本とつくれる。

いつだったかプーン作家の方の記事で月に100本作るという話を読んで、えーすごいなぁ、僕には無理だなぁ、、、なんて思っていたけど、いまの僕のペースで続ければ月に100本は手の届く数字だ。

まぁ、1ヶ月続けられればという話なのだけれど・・・なんとなく続けられそうな気がする。

僕は昔からコツコツ続ける、ということが苦手な性分だったけど、最近は何故かだんだんできるようになってきたかもしれない。

これまで本当に三日坊主だったので、3日間頑張ってしばらく休んで、しばらくしたら思い出したように頑張って、みたいなことを繰り返していたんだけど、最近のコツコツ感はなんだろう、、、。

その理由について考えてみると、たぶん一番大きなのは「予定がない」ということだろうと思う。

9月いっぱいで農家のアルバイトも終了したので、10月に入ってからの僕のスケジュールは殆どまっさら。マーケットの予定が少し入ってただけ。

たぶん、こういう状態がコツコツ続けることを可能にしてる気がする。

農家のバイトの時は3時半に起きるから前の日は早く寝なきゃとか、疲れて帰ってきたから今日はやらなくていいか、とか、そんな風にして、自分でやると決めたことをサボってしまう癖と言うか、甘えのようなものがあったのではないかなと思う。

どうやら、誰かのせいにできちゃう環境(本当そんなのは無いのだろうけど)に身をおいているとトコトン甘えてしまうのが僕という人間らしい。

これまでの人生を振り返ってみれば常に複数の事柄が並行して起きていて自分でやると決めたことの方を疎かにしてきたような気がする。

誰かに与えられていることがなくて、自分が決めたこと「だけ」だったら自然と続けられるんだなぁ、、、なんてことを思った。

いや、まぁ、単純に自分の時間が増えただけのことか笑

与えられるようにして日々やっていることと、自分が目指したいことのための行動とが一致していれば幸せなことなのだろうけど、僕の場合はそういうことは無いんだろうな、、、ということが、最近やっと分かってきた。

会社をやめるときに絶対やめない方がいいとか、もうしばらく続けろとか、後悔するよとか、色々と言われた訳だけど、会社をやめてバイトもせず、のらりくらりと暮らしている今のような生活を始めてみて本当に良かったなぁ、、、なんてことをつくづく思う。

まぁ10年後、どう思ってるかは分かんないけど。

2019/10/14

Junota

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です