#14.森へ持っていったもの:三種の神器

Pocket

この間、物を捨てた話を書いたけれど、今度は新しく手に入れたものを書いていこうかと思う。

まず1つ目は大容量バッテリー
森で生活するにしても、多少の電気は欲しいものである。単に生活するだけならなくてもどうにかなるかもしれないが僕は情報を発信しなきゃならない。そのためにはスマホを充電する必要があるし、パソコンもあると便利だ。電気を引くほどは必要ないけど、毎日少しだけ欲しい。そこで買ったのがキャンプや非常用の大容量バッテリーだ。充電に5時間ほどかかるけど、一回満タンにしてしまえば当分は電気に困らない。まだ試してないけどソーラーパネルに繋げば電力の自給も可能かもしれない。これがあればデスクトップパソコンも動く(急激に電気を消費するけど笑)し、ホットカーペットも使えるから強い味方である。ここ最近のこのような大容量バッテリーの進歩は目覚ましいものがあるように思う。13000円程で手に入った。

2つ目はアクションカメラ
森に住むというのに、電気製品ばかりで不思議な気もする。これは森の生活を発信していくための道具として買った。これで僕はスマホ、ビデオカメラ、アクションカメラと3つのカメラを手に入れたことになる。どんどん動画を作っていきたいけれど、まだ取り組めずにいる。ゴープロでないのでこれも13000円ほど。

3つ目はノミである。
狐の銘の叩きのみ、寸ニと寸四である。
これは僕の決意の品物

「会社はやめるけど、大工はやめない。」

中途半端だとか、素人だとか、多分これから言われ続けるだろうけど、僕はこの2本のノミを武器にで闘っていきたいと思う。

2019/04/12

桜を見てきた。

やっと春が来たようだ。

junota

前へ

次へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です